メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『浮遊霊ブラジル』=津村記久子・著

 (文藝春秋・1404円)

おもしろい語り口に新しい可能性

 この短篇集の最初に置かれた「給水塔と亀」は、めったに出会えぬ秀作である。二○一三年の川端康成文学賞を受賞した。

 一度も結婚しないで定年を迎えた「私」は、故郷のアパート代がいま住む場所の半分であるのを知って、故郷に帰ることにした。きょうは二階建てのその安いアパートに入る日で、「私」は通った小学校(改築されている)や国道沿いの新しいスーパーや本屋を注意深く見まわった後、アパートの自室にやってくる。その部屋の前の借り手は独身の高齢女性の乃代(のよ)さんで、部屋で孤独死した。

 管理人のおばさんは、暗い顔して、ふ、と笑う人。あけすけにいう。「乃代さんといいあんたといい、どうして一人でいられるの?」。これには「忙しくて不器用だったんです」ととりあえず答えるしかない。

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです