メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

単身者

住宅購入 ローン返済、綿密な計画必要

参加者が真剣に聴き入るマンション購入講座=東京都千代田区内で池乗有衣撮影

 住宅を買うか、借り続けるか--。これは永遠のテーマだ。近年では、シングル女性が住環境の充実や資産形成を目的に、マンション購入を検討するケースも増えている。

女性向け講座盛況

 9月下旬の週末、東京駅近くのビルの一室。20~80代の女性約40人が熱心に耳を傾けていたのは、マンション購入に向けた基礎知識を学ぶ講座だ。参加したシングル女性からは「高い家賃を払っているなら買った方がいいと周囲に勧められた」「住宅ローン金利が安い今だからこそ買って資産にしたい」といった声が聞かれた。

 1991年から講座を開く一般社団法人「女性のための快適住まいづくり研究会」の会員は年々増え、約8万2000人。30~40代が中心で7割がシングルだ。かつて独身女性のマンション購入は「おひとりさまへの覚悟」と捉えられがちだったが、最近では生涯の住まいを買うという意識より資産性が重視されているという。小島ひろ美代表は「結婚してライフスタイルが変化しても貸して家賃収入を得られる。不安のある年金への対策…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 土俵際の逆転不発で正代4敗目 行司と重なる不運、目立った「危ない相撲」

  3. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  4. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです