メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対北朝鮮

米財務省、新たな金融制裁

 【ワシントン会川晴之】米財務省は4日、北朝鮮に対する新たな金融制裁を発表した。北朝鮮の金融機関が、第三国の銀行を通じて米国の金融機関を利用することを禁じた。財務省は6月、北朝鮮を「マネーロンダリング(資金洗浄)の主要懸念先」に指定しており、これを具体化した。北朝鮮は9月に5度目の核実験に踏み切ったほか、弾道ミサイルの打ち上げ実験を継続的に実施。金融制裁を強化することで、北朝鮮の孤立化を図る。

     ズービン財務次官代行(テロ・金融犯罪担当)は声明で「北朝鮮は(実体を隠した)フロント企業を使い違法な金融取引を続けている。その一部は大量破壊兵器の拡散や弾道ミサイル開発、国際的な制裁逃れに利用されている」と非難した。

     米国の金融機関は、直接、間接を問わず北朝鮮の金融機関と取引することを禁じられている。米国は、各国にも同様の措置を取るよう呼びかけている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中国 ヒップホップ禁止 反体制文化を警戒か
    2. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
    3. 草津白根山噴火 噴石で陸自隊員1人死亡 11人重軽傷
    4. 草津白根山噴火 過去に死者も
    5. 人気声優の死 異常なしがEBV感染症…難病指定訴え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]