蒸気機関車

「しおかぜ」6年ぶり復活 愛知こどもの国

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
白煙を上げる蒸気機関車しおかぜ=愛知県西尾市の愛知こどもの国で2016年11月5日、太田敦子撮影
白煙を上げる蒸気機関車しおかぜ=愛知県西尾市の愛知こどもの国で2016年11月5日、太田敦子撮影

 警笛とともに白煙が上がる。背景には青い空と三河湾が広がる。石炭のにおいを漂わせ精悍(せいかん)な姿で現れたのは、愛知県西尾市の児童遊園「愛知こどもの国」の蒸気機関車「しおかぜ」。故障して動かなくなり車庫で眠っていたが、5日、大勢のファンの支援を受けて復活した。

 「しおかぜ」は同園がオープンした1974年、同型の相棒「まつかぜ」とともに導入され、子どもたちの人気を集めた。6年前にボイラーの不調で運行を休止した。「まつかぜ」1台で走っていた…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

あわせて読みたい

注目の特集