メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「虚人の星」で第70回毎日出版文化賞を受賞した島田雅彦さん=東京都千代田区で2016年10月26日、徳野仁子撮影

 優れた出版物に贈られる第70回毎日出版文化賞(特別協力=大日本印刷株式会社)が決まった。文学・芸術▽人文・社会▽自然科学▽企画▽特別賞の5部門で選考された。各部門の受賞者を4回にわたって紹介する。

 ◆文学・芸術部門 『虚人の星』(講談社・1728円)

国家暴走への危機感

 「誰からも受け入れられる小説はつまらない。トガっているべきだと思っています」。そうした使命感、小説観から筆を執った。現代日本の保守政権を風刺しつつ、より良き安全保障のあり方を真っ正面から考え抜くスパイ小説である。疾走感とスリルあふれる物語が行き着くのは日本の破滅か否か……。全編に黒い笑いが横溢(おういつ)する。

 主人公は2人いる。「星新一」は小学時代に父が失踪し、孤独な少年期を過ごす。やがて、父の友人の精神科…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1184文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです