メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校サッカー

県大会 帝京長岡VS新潟明訓 決勝、昨年と同じ顔合わせ /新潟

【帝京長岡-長岡向陵】延長後半、右コーナーキックに帝京長岡のMF野本(左端)が頭で合わせてゴールを決める=新発田市五十公野の五十公野陸上競技場で

 第95回全国高校サッカー選手権の県大会準決勝2試合が6日、新発田市の五十公野公園陸上競技場で行われ、帝京長岡と新潟明訓が勝ち進んだ。決勝は昨年と同じ顔合わせとなり、帝京長岡は3年ぶりの頂点を、新潟明訓は2連覇をそれぞれ目指す。

 帝京長岡は終始試合を優位に進め、延長終了直前のゴールで長岡向陵に勝利した。新潟明訓は何度もゴール前に迫られるも後半終盤に得点し、新潟西を降した。

 決勝は13日午後0時15分から、新潟市中央区のデンカビックスワンスタジアムで行われる。優勝校は、12月30日からさいたま市の埼玉スタジアムなどで行われる、全国大会に県代表として出場する。【後藤結有】

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で372人の感染確認 7日連続で300人超 新型コロナ

  2. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 宝塚ならではのコーヒーいかが 自家焙煎の3店がネットで淹れ方指南 兵庫

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです