メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

マネー編 年末調整、控除の詳細は

年末調整の書類はきちんと記入しないと控除がうけられなくなる

 まもなく会社員など給与所得者が行う年末調整の書類が配られる時期になった。毎年、訳も分からず印を押して提出している人も多いのでは。どんな意味があるのだろう。

 会社員は、毎月の給与から所得税と復興特別所得税が天引きされる源泉徴収がある。しかし、これは概算に過ぎず、正確な額との差額を精算するものが年末調整だ。これをすれば、確定申告をしなくても済む。ただし、年収が2000万円を超える場合や複数の事業所から給料をもらっている場合などは、確定申告をしなければならない。また、海外への転勤▽死亡退職▽著しい心身の障害による退職などの場合は、年の途中でも年末調整をする。

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです