青森大忍者部

弘前藩の甲賀忍者屋敷を発見? 内部を公開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
床の間の裏に造られた空間(幅60センチ、奥行き95センチ、高さ2メートル)に隠れる青森大忍者部員=2016年11月6日、松山彦蔵撮影
床の間の裏に造られた空間(幅60センチ、奥行き95センチ、高さ2メートル)に隠れる青森大忍者部員=2016年11月6日、松山彦蔵撮影

 青森大公認の「忍者部」は弘前城南側の弘前市街地に「弘前藩の甲賀忍者屋敷を発見した」として6日、内部を報道陣に公開した。

 部顧問の清川繁人・薬学部教授は古民家を所有する青森市桜川、工芸店経営、会田秀明さん(80)から「忍術家の住居と岳父から聞いている」との連絡を受け、調査を始めた。

 結果、かやぶき平屋建ての住居には、客間と寝室の床の間の裏に人が1人隠れられる空間が造られ、居間の入り口には踏むとギーと鳴る板が敷かれていることが分かった。清川教授は「どんでん返しなどの仕掛けはないが、武家屋敷とは異なる間取りだ」と指摘する。

 また、古文書に出てくる弘前藩の甲賀忍者集団「早道(はやみち)之者」の江戸末期の頭領、棟方晴吉(貞敬)と同姓の棟方嘉吉が同宅に住んでいたことが明治初期の町割帳で判明。「両人の関係を示す記録は見つかっていないが、嘉吉は晴吉の近親者ではないか」と清川教授は推定する。会田さんの義父は嘉吉ともう一人の所有者を経て、居宅を昭和初期に入手したという。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文714文字)

あわせて読みたい

注目の特集