理科実験

塩素ガス発生で1人入院 名古屋の中学校

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名古屋市教育委員会は7日、同市中村区の市立日比津中学校(生徒411人)で今月、理科担当の男性教諭(27)が1年生の理科の実験で有毒な塩素ガスを発生させ、生徒6人が臭いをかぎ、うち女子生徒1人が一時入院したと発表した。

 実験は今月1、2日に1年生の3クラスで「気体の発生と性質」という授業でそれぞれ行った。教諭がビーカーに入れたトイレ用酸性洗剤10~15ミリリ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

ニュース特集