迷惑メール監視

警視庁、瞬時に警告 一斉送信を把握

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
警視庁による迷惑メール監視の仕組み
警視庁による迷惑メール監視の仕組み

 警視庁は7日、ウイルスが添付された迷惑メールが一斉送信された瞬間に、件名や本文を把握する監視システムの運用を始めたと発表した。入手した情報は同庁の公式ツイッターなどで公開し、メールを開封しないよう呼びかける。こうしたシステムの運用は全国の警察で初めてという。

 同庁によると、迷惑メールを送りつける攻撃者は、多数のパソコンを遠隔操作ウイルスに感染させ、それらを一斉に操れる「ボットネット」と呼ばれる攻撃用ネットワークを形成。ボットネットに指令を送り、迷惑メールを一斉送信している。ボットネットを経由させることで大量の…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

あわせて読みたい

ニュース特集