肺がん

告知後も普段通りに接して 患者会が冊子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「肺がん患者の生の声を届けたい」と作られた冊子の表紙
「肺がん患者の生の声を届けたい」と作られた冊子の表紙

 過度に気は使わず、根拠のないアドバイスはしないで--。肺がんの患者会「ワンステップ!」が、会員120人へのアンケートを基に、周囲からのうれしかった対応や配慮してほしかった言動をまとめ、冊子にした。11月は世界的な「肺がん啓発月間」。患者たちの「がんになっても普段通りに接してほしい」との思いを伝えている。

 冊子は「肺がんのわたしがあなたに知ってほしい3つのこと」。作成のきっかけは、代表の長谷川一男さん(45)の体験だった。39歳で肺がんと診断され、病気のことを身近な人に打ち明けると、よく「たばこ吸ってたの?」と聞かれた。喫煙は肺がんのリスクを高めるが、たばこを吸わなくてもなる人は少なくない。長谷川さんもその一人で「一般の人に肺がんのことをもっと知ってほしい」と感じたという。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文735文字)

あわせて読みたい

ニュース特集