メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肺がん

告知後も普段通りに接して 患者会が冊子

「肺がん患者の生の声を届けたい」と作られた冊子の表紙

 過度に気は使わず、根拠のないアドバイスはしないで--。肺がんの患者会「ワンステップ!」が、会員120人へのアンケートを基に、周囲からのうれしかった対応や配慮してほしかった言動をまとめ、冊子にした。11月は世界的な「肺がん啓発月間」。患者たちの「がんになっても普段通りに接してほしい」との思いを伝えている。

 冊子は「肺がんのわたしがあなたに知ってほしい3つのこと」。作成のきっかけは、代表の長谷川一男さん(…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです