メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白川郷

水のカーテンが放物線描き 恒例の防火訓練

消防訓練の一斉放水で水柱に包まれる白川郷の合掌集落=岐阜県白川村で2016年11月6日午前8時12分、木葉健二撮影

 水のカーテンが放物線を描き、かやぶき屋根を幻想的に包む--。岐阜県白川村荻町にある世界文化遺産の合掌造り集落で6日、防火訓練があった。

 「荻町集落の自然環境を守る会」が高台に600トンの貯水タンクを造り、約80メートルの落差を利用した放水銃を設置。毎年、この時期に点検が行われる。

 サイレンに合わせ59カ所の放水銃から高…

この記事は有料記事です。

残り40文字(全文201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

  5. 金言 天才にも解けない?=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです