メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

いっしょに海外旅行へ行くには?

ホームステイ先のカップルにあやしてもらう息子=オーストラリア・ゴールドコーストで2016年1月21日午後7時22分、山崎明子撮影

 赤ちゃんがいることを、なにか行動を起こす際のあきらめる理由にしたくない。記者の場合「なにか」の代表的なものといえば海外旅行だった。そうだ。一緒に旅に出よう。思い立ったのは息子が昨年9月、1歳の誕生日を迎えたころ。年度途中では保育所が見つからず、翌春に復職することで腹をくくったことが契機だった。今年も冬の旅行シーズンは目前。赤ちゃん連れの海外旅行についての情報を、記者の経験を織り交ぜて伝える。【生活報道部・山崎明子】

 赤ちゃん連れで海外旅行をしようと思うなら、2歳までのチャレンジをお勧めする。というのは、航空券の料金が大手航空会社の場合、0歳以上2歳未満の幼児で座席を使わない場合は大人の10%、2歳以上12歳未満の小児だと座席は必須で75%となる。これは大きな魅力だ。カウンターではパスポートで生年月日がチェックされるので、ごまかしはきかない。

この記事は有料記事です。

残り2030文字(全文2406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 50代でのタイトル戦は「名誉」 竜王戦で通算100期目指す羽生九段の一問一答

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 竜王戦挑戦者は羽生九段 丸山九段を破る タイトル100期目かけ豊島竜王と対局

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです