メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
赤ちゃんハテナ箱

いっしょに海外旅行へ行くには?

ホームステイ先のカップルにあやしてもらう息子=オーストラリア・ゴールドコーストで2016年1月21日午後7時22分、山崎明子撮影

 赤ちゃんがいることを、なにか行動を起こす際のあきらめる理由にしたくない。記者の場合「なにか」の代表的なものといえば海外旅行だった。そうだ。一緒に旅に出よう。思い立ったのは息子が昨年9月、1歳の誕生日を迎えたころ。年度途中では保育所が見つからず、翌春に復職することで腹をくくったことが契機だった。今年も冬の旅行シーズンは目前。赤ちゃん連れの海外旅行についての情報を、記者の経験を織り交ぜて伝える。【生活報道部・山崎明子】

 赤ちゃん連れで海外旅行をしようと思うなら、2歳までのチャレンジをお勧めする。というのは、航空券の料…

この記事は有料記事です。

残り2146文字(全文2406文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  5. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです