メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾン奥地の世界観 破壊した白人の罪深さ

 アマゾン川流域を舞台とした、厳しく、美しい映画。その厳しさは胸が締めつけられるほど厳しく、その美しさは目に沁(し)みるほど美しい。これ、すごいです。

 アマゾン奥地のジャングルに、先住民1人に付き添われて、ドイツ人探検家テオがやってきた。テオの目的は、呪術をあやつるシャーマン、カラマカテに会うことです。病気を治すためには聖なる草ヤクルナが必要だ、ヤクルナのあるところに案内して、この生薬によって治療を施してほしいという頼みです。

 でもカラマカテは、求めになかなか応じません。白人によって仲間を殺されてしまい、いまでは部族の生き残…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです