メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙客亭柏琳

農民戯作者のデビュー、流行作家が尽力 5代目・荒井さんが巻頭文を発見 /神奈川

 相模国磯部村(相模原市南区磯部)に住んだ草双紙の戯作者、仙客亭柏琳(せんかくていはくりん)(本名・荒井金次郎)が無名の農民ながら「花のお江戸」で作家デビューできたのは、柏琳が自ら流行作家の柳亭種彦に原稿を送り、作品を評価した種彦が発刊に尽力していたためだったことが分かった。柏琳から5代目に当たる相模原市南区麻溝台、日相印刷会長、荒井徹さんが、柏琳の初作「花吹雪縁柵(はなふぶきえんのしがらみ)」を翻刻する中で、出版のいきさつを書いた種彦の巻頭文を見つけた。

 「星下梅花咲(ほしくだりうめのはなざき)」「紫房紋(むらさきぶさもん)の文箱」を含めて世に出た柏琳著の草双紙3作は、いずれも種彦が監修。表紙と挿絵を浮世絵師の葛飾北斎や歌川国芳、歌川貞秀が担当したのも、種彦の強い力添えがあったからとみられている。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです