メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かがし祭

わらの「シン・ゴジラ」 LED点灯中止

筑前町の農地に登場した約7メートルのわらで作ったシン・ゴジラ=2016年11月2日、勝野昭龍撮影

 福岡県筑前町に展示されているわらで作った「シン・ゴジラ」のLED(発光ダイオード)点灯が中止となった。東京・明治神宮外苑で展示物が燃え、幼稚園児が死亡した火災を受けたもので、燃えやすいわらを使用していることなどを考慮した。全体像を照らすライトアップは実施する。町では来場者や周囲の安全を第一に考えた措置とし、理解を求めている。

 わらの「シン・ゴジラ」は、同町の「ど~んとかがし祭」の一環で製作された。会場の安の里公園近くの農地…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです