メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生前退位

賛否分かれる 有識者会議、初の意見聴取

天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議での聴取に臨むノンフィクション作家の保阪正康氏(中央)。左列手前から2人目は座長の今井敬経団連名誉会長=首相官邸で2016年11月7日午後3時39分、川田雅浩撮影

 天皇陛下の生前退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は7日、首相官邸で第3回会合を開き、専門家からヒアリングを始めた。この日意見を述べた5人は、退位に賛成と反対が2人ずつに分かれ、1人は条件付きで容認した。有識者会議は14日と30日にも計11人から意見を聞き、年末から年明けにかけてまとめる論点整理に反映させる。

 7日に出席したのは平川祐弘東京大名誉教授(比較文学)、古川隆久日本大教授(日本近現代史)、ノンフィクション作家の保阪正康氏、大原康男国学院大名誉教授(宗教行政論)、所功京都産業大名誉教授(日本法制文化史)。1人ずつ約20分間、「憲法における天皇の役割」など8項目について意見を述べた後、約10分間、有識者会議のメンバーと意見を交わした。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです