台湾

日本食品禁輸一部緩和を検討

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【台北・鈴木玲子】台湾当局は7日、東京電力福島第1原発事故後に禁輸を続ける日本食品に対し、一部緩和策を検討していることを明らかにした。禁輸している5県のうち福島以外の茨城、栃木、群馬、千葉の4県産の食品禁輸を一部を除いて解除するなど段階的に規制を緩和する方針。ただ具体的な実施時期は示していない。

 立法院(国会)委員会で報告した。4県産…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文239文字)

あわせて読みたい

ニュース特集