メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲移転

戸惑う業者 当初の計画なら7日開場

移転予定日となっても変わらずにぎわう築地市場=東京都中央区で2016年11月7日午前9時37分、根岸基弘撮影

 東京都の小池百合子知事の判断で豊洲市場(江東区)への移転がストップしている築地市場(中央区)は、7日が当初の豊洲での開場予定日だった。荷台付き小型運搬車「ターレー」やトラックが場内を行き交い、多くの外国人観光客らがカメラを向けるなど普段と変わらない朝だったが、市場業者からは先が見通せない状況への戸惑いの声が漏れた。

 「いつでも豊洲に行ける準備をしてきたのに」。青果仲卸会社「築地くしや」の杉本雅弘社長(56)は残念そうにつぶやいた。新事務所の整備費など投資は約1200万円に上る。冷蔵庫代など600万円は既に支払った。「豊洲での戦略をいろいろ考えていた。移転が決まらずフラストレーションがたまる」

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです