メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビプラス

湘南憲法カフェ 24条改変、何が問題? 13日、藤沢で

作家の中島京子さん=提供写真

 憲法を巡る議論が本格化する中、直木賞作家の中島京子さんと太田啓子弁護士が13日、神奈川県藤沢市の湘南T―SITE1号館2階の湘南ラウンジで、憲法24条をテーマに対談イベント「湘南憲法カフェvol.1 24条改変、何が問題?」を開く。共催の湘南蔦屋書店では、2人の選書フェアも実施する。

     中島さんは太平洋戦争中の東京の中流家庭を舞台にし、映画化もされた小説「小さいおうち」で直木賞受賞。太田弁護士は「明日の自由を守る若手弁護士の会」のメンバーで、「憲法カフェ」と題した市民の勉強会を全国で主催してきた。

     今回のカフェでは、個人、男女、家族のあり方に関わる憲法の機能や意義について、2人が語り合い、参加者と意見交換する。

    太田啓子弁護士=提供写真

     憲法24条は、家族生活における個人の尊厳と両性の平等を定めた内容。2012年に自民党が発表した改憲草案では新たに「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない」という条項が追加されるなど大きく変更されており、憲法改正審議でも重要な論点になるとみられる。太田弁護士は「介護殺人や児童虐待など、家族の限界を示すような社会問題が起きている。どんな社会や憲法であってほしいか、皆さんと一緒に考えたい」と意気込む。

     対談イベントの参加には、フェア対象書籍か、600円の参加券購入が必要。午後1時半~午後3時半、定員50人。申し込みは湘南蔦屋書店(0466・31・1510)か、ウェブから。【中川聡子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 『仮装大賞』史上初の0点出た 39年目の珍事に欽ちゃん・香取も驚き「新しくなった」
    2. 市立秋田商 受験生母にキスは元レスリング五輪選手
    3. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
    4. 平昌五輪 小池知事「平壌五輪になりつつある」
    5. 南北合同チーム 韓国の若年層反発「これが国か」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]