連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

「木の上の軍隊」の山西惇 2度目の上官役、老獪さ出す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 井上ひさしの構想を引き継ぎ、気鋭の蓬莱(ほうらい)竜太が書き上げた「木の上の軍隊」(栗山民也演出)をこまつ座が10~27日、東京・紀伊国屋サザンシアターで上演する。沖縄であった、2人の兵士の逸話が元で、初演は2013年。初演に続き本土出身の「上官」を演じる山西惇(あつし)は「すごく普遍的な話。今回は落ち着いて台本と向き合ってやりたい」と話す。

 舞台はある南の島。ガジュマルの木に逃げ込んだ上官(山西)と、島出身の新兵(松下洸平)は敗戦に気づかず、2年間も孤独な戦争を続ける。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文673文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集