メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
現場から・ひょうご

子どもの社交場、地域の駄菓子屋 温かく見守る“姉ちゃん” /兵庫

放課後の子どもたちの社交場「淡路屋」=神戸市兵庫区笠松通7で、松本杏撮影

 神戸市兵庫区・和田岬で21年間にわたり、地域の小中学生の成長を見守ってきた駄菓子屋がある。子どもたちは店で大人や年齢の異なる友達と出会い、他人と良好な関係を築く力をおのずと身に着けていく。各地で駄菓子屋が姿を消す中、子どもたちの社交場として今も続く「淡路屋」(笠松通7)を訪ね、店主の伊藤由紀さん(46)に話を聞いた。【松本杏】

 「おかえり」「姉ちゃん、ただいま。今日行くで」。平日午後3時前になると家路を急ぐ和田岬小の児童らが…

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1541文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです