メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

子どもの社交場、地域の駄菓子屋 温かく見守る“姉ちゃん” /兵庫

放課後の子どもたちの社交場「淡路屋」=神戸市兵庫区笠松通7で、松本杏撮影

 神戸市兵庫区・和田岬で21年間にわたり、地域の小中学生の成長を見守ってきた駄菓子屋がある。子どもたちは店で大人や年齢の異なる友達と出会い、他人と良好な関係を築く力をおのずと身に着けていく。各地で駄菓子屋が姿を消す中、子どもたちの社交場として今も続く「淡路屋」(笠松通7)を訪ね、店主の伊藤由紀さん(46)に話を聞いた。【松本杏】

 「おかえり」「姉ちゃん、ただいま。今日行くで」。平日午後3時前になると家路を急ぐ和田岬小の児童らが…

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1541文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  3. 特殊詐欺防止 4人に感謝状 磯子署 /神奈川
  4. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです