メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市民公開講座

「乳がんの人、支えたい」 妻を亡くした男性講演 橋本 /和歌山

乳がん克服を願ってキャンドルに火をともす清水さん(左端)=和歌山県九度山町の慈尊院で、松野和生撮影

 乳がんの早期発見と治療を呼びかける市民公開講座「いのち inochi 大切な人の『想(おも)い』とともに…」が、橋本市高野口町の市産業文化会館であった。妻を乳がんで亡くした読売テレビアナウンサー、清水健さんが講演し、約1200人が聴き入った。

 清水さんの妻は、妊娠直後に乳がんが見つかり、長男出産後の昨年、29歳で死去した。10月29日にあった講座で、清水さんは妻を守れなかった…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです