メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/27 「誰にも相談できない人がいる」 喪失感から立ち直れない人のために /香川

取り組みについて話す夛田さん=高松市内で、玉木達也撮影

 「泣いて暮らす人たちの中には、『自分たちは異常ではないか』と考えている人もいる」

 30代、40代で初めて葬儀に参列する人も決して珍しくない時代。親しい人を亡くし、その喪失感からなかなか立ち直れない人がいる。そういう人々と接し、葬祭業の会社で代表取締役を務める夛田(ただ)敏恭さん(54)は「誰にも相談ができない人がいる」と感じている。

 亡くなってから時間がたっても悲しい気持ちが続く。周囲の人から「病院に行ったほうがいい」と言われ、自…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文695文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです