メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教員削減

財務省「4.9万人減」→「現場の実態無視」 文科省反論

 文部科学省は8日、約69万人いる公立小中学校の教職員を今後10年で少子化に伴い約4万9000人減らせるとの試算を財務省が公表したことに対し「(教育現場の)現状が加味されていない」との反論をまとめた。発達障害の子供の増加などを考慮し約1万5000人減にとどめるべきだと主張している。年末の予算編成に向け両省の攻防が激しくなりそうだ。

 財務省は4日の財政制度等審議会で、2026年度までに公立小中学校の教職員を約4万9000人(今年度…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです