メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山市議会

13人目辞職…補選2日後、再び欠員状態に

議長に辞職願を提出した宮前宏司市議=富山市庁舎で2016年11月8日午後4時29分、古川宗撮影

 富山市議会(定数40)の政務活動費不正問題で、自民会派の宮前宏司市議(60)が8日、辞職した。不正による相次ぐ辞職で6日に市議補選が行われ新議員13人が決まったが、わずか2日後に再び市議会は欠員状態となった。一連の不正で市議の辞職は13人(自民11人、民進系2人)となった。

 宮前氏によると、2013~15年度、市内の郵便局長がパソコンで自作した領収書5枚を使い、切手代名目などで政活費約62万円を受け…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです