メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宣教師シドッチ

遺骨で顔復元…江戸時代、新井白石も見た

江戸時代のイタリア人宣教師、シドッチの復顔像=東京都台東区の国立科学博物館で2016年11月8日午後2時40分、森田剛史撮影

国立科学博物館が公開

 江戸時代のキリスト教徒らの収容施設、切支丹屋敷の跡地(東京都文京区)から見つかったイタリア人宣教師、ジョバンニ・バチスタ・シドッチ(1668~1714年)の遺骨を基に、国立科学博物館が顔を細部まで再現した頭像を作って8日、公開した。篠田謙一・人類研究部長は「『教科書に載っている人』を科学の力で眼前にできた。新井白石はこの顔を見たのだと、生身の人間同士の交わした会話に考えを巡らしてほしい」と語った。

 シドッチは禁教下の日本に入国して捕らえられ、幕閣の実力者だった白石から尋問を受けるなどした後、獄死…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです