メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教員削減

文科省が反論「現場の実態無視」

財務省「4.9万人減」

 文部科学省は8日、約69万人いる公立小中学校の教職員を今後10年で少子化に伴い約4万9000人減らせるとの試算を財務省が公表したことに対し「(教育現場の)現状が加味されていない」との反論をまとめた。発達障害の子供の増加などを考慮し約1万5000人減にとどめるべきだと主張している。年末の予算編成に向け両省の攻防が激しくなりそうだ。

 財務省は4日の財政制度等審議会で、2026年度までに公立小中学校の教職員を約4万9000人(今年度比約7%減)削減できるとの案を示した。今の教育環境を維持しても、少子化で26年度までに児童生徒が119万人、学級数も3万1000減るため、教職員数も減らせると結論づけた。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです