メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多陥没

地下鉄工事原因、市が謝罪…国交省立ち入り

 福岡市博多区のJR博多駅前で8日朝に起きた道路陥没事故で、市は同日、現場の真下で行われている市地下鉄七隈(ななくま)線の延伸工事が原因と認めて謝罪し、午後には陥没した部分を埋め戻す作業を始めた。一方、国土交通省は同日夜、市交通局に鉄道事業法に基づく立ち入り検査を実施した。

 地下約18メートルより下にトンネルを掘る工事で、24時間態勢で行われていた。市によると、午前4時25分ごろ、博多区博多駅前2の市道「はかた駅前通り」の工事現場で、作業員が上部の岩盤が落ち始めていることに気づいた。コンクリートを吹き付けて固めるなどの処置をしていたが、5時ごろ上部の岩盤から水が漏れ出したため、退避するとともに、5時10分ごろ工事関係者がフェンスを設置し、現場周辺の道路を通行止めにしたという。

 5時15分ごろには2カ所で陥没が発生したが、直前までトンネルの中にいた作業員9人は全員退避して無事…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文955文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです