メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙南クリーンセンター

安全祈願し火入れ式 首長ら50人 来月1日に試運転 /宮城

試運転を前に火入れ式があったごみ処理施設「(仮称)仙南クリーンセンター」=角田市毛萱地区で

 仙南2市7町でつくる仙南地域広域行政事務組合(理事長・風間康静白石市長)が9日、角田市毛萱地区に整備していた「(仮称)仙南クリーンセンター」の試運転を前に「火入れ式」を行った。

 角田衛生センターと大河原衛生センターの老朽化に伴い、同組合は2014年12月から整備を進めていた。総事業費約119億5000万円。12月1日に試運転を行い、来年4月1日から本格稼働する。仙南クリーンセンターでは、9市町から排出される家庭ごみを処理する。

 この日の火入れ式には、各自治体の首長や工事関係者ら約50人が出席。神事で安全祈願した後、風間理事長…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文579文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです