メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤沢市

不法投棄落書き…スマホで教えて! 慶大とアプリ開発 情報共有して行政効率化 /神奈川

 藤沢市と慶応大SFC研究所(同市遠藤)は、ごみの不法投棄や落書きなどの情報を収集して行政業務を効率化する市職員向けスマートフォンアプリ「藤沢みんなのレポート」(みなレポ)の運用を開始した。情報は共有され即時に活用できるほか、蓄積データを分析することで予測にもつながるなど、さまざまな活用が期待できるという。

 みなレポは現在、市環境部で運用されており、資源収集の担当者らがアプリをインストールしたスマホやタブレット端末を携帯。不法投棄や落書きなどを見つけた場合、その場所の画像や現状を説明したコメントなどを市と慶大が共同開発したシステムに送信し、担当職員の間で情報を共有する。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです