メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

まちの介助犬育成施設 /兵庫

兵庫介助犬協会の北沢光大理事長=兵庫県西宮市の同協会で、伊地知克介撮影

 風が冷たくなってきましたね。一気に冬が来たような気分になることもしばしばです。

 しかし、米国の大統領選は米メディアなどの予想を裏切る結果になり、冷え込むどころか「熱い」旋風が世界中で吹き荒れるような予感がしますね。

 愛知県長久手市の郊外にある日本介助犬協会の介助犬訓練センター「シンシアの丘」を見学したことはこの欄でも報告しましたが、介助犬訓練施設は西宮市にもあります。阪神西宮駅に近い兵庫介助犬協会を訪れました。

 日本介助犬協会の兵庫支部のように思われることもあるそうですが、兵庫介助犬協会はまったく別の組織です。西宮市に拠点を持ち、毎年、数頭の介助犬をユーザーの元に届けています。介助犬の育成は難しく、育成団体としての実績は評価されています。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです