メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナザルバエフ・カザフ大統領

広島訪問 メッセージ「ヒバクシャ」ない世界を /広島

合唱した子供に笑顔で話しかけるカザフスタンのナザルバエフ大統領=広島市中区の広島国際会議場で、竹内麻子撮影

 「広島、長崎、カザフスタンのヒバクシャは同じことを訴えている。二度と同じ被害を起こさないようにしなくてはならない」。9日、中区の平和記念公園を訪れたカザフスタンのナザルバエフ大統領は市民約500人の前でこう語った。旧ソ連時代、セミパラチンスク核実験場で行われた核実験で延べ120万人が被ばくしたとされ、現地でも「ヒバクシャ」と呼ばれる被害者が今も健康被害に苦しんでいるという。

 大統領は原爆資料館で、芳名録に「日本とカザフスタンは核兵器の大被害を受けた意味では運命が似ている。…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  2. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです