メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

トランプ氏勝利 保護主義広がる恐れ 東京大学政策ビジョン研究センター教授・篠原尚之氏に聞く

篠原尚之氏

 トランプ氏の政策のなかで、世界経済への影響が最も懸念されるのが保護主義的な主張だ。クリントン氏はTPPに反対してはいたが、オープンな現在の貿易・投資の枠組みを前提としていた。だが、トランプ氏は内向き姿勢を打ち出して勝利した。米国が保護主義に走れば、他国も追随する恐れがある。今回の選挙結果は英国の欧州連合(EU)離脱などと共鳴し、世界的に保護主義的な動きを勢いづかせる恐れがある。

 トランプ氏は、不公正貿易や為替操作などに厳しい姿勢を取るとみられ、日本にとって円高を是正するための為替介入などは難しくなるだろう。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです