メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

トランプ氏勝利 驚きと不安と

 安全保障はどうなるのか。排外主義が強まるのでは--。過激な発言を繰り返してきたトランプ氏の勝利を、米軍基地を抱える沖縄や核廃絶を目指す市民たち、日本に住むイスラム教徒らは、驚きとともにさまざまな思いで受け止めている。

 ◆沖縄「基地対応を注視」

 トランプ氏は今の日米安全保障体制に不満を表明してきた。

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は県庁内で「発言からすると、新しい発想の政治を考えている。沖縄の基地問題にどのような対応をとるか期待し、注視していきたい」と述べた。

 沖縄には在日米軍専用施設の74%が集中し、普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画も進む。在日米軍を巡るトランプ氏の持論が基地問題にどう影響するか、県民の間に期待と疑念が交錯する。

この記事は有料記事です。

残り1623文字(全文1958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです