メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

経済政策公約実現どこまで 勝利のトランプ氏

 【ワシントン清水憲司】米大統領に来年1月就任するドナルド・トランプ氏(共和党)は、大胆な減税と規制緩和で経済成長率を引き上げ、「米国を再び偉大な国」にすると訴えて当選した。インフラ投資の拡大も訴えるが、財源確保はあいまいで、選挙向けに有権者にアピールする政策を寄せ集めた側面は否定できない。公約を実現できるか疑問視されている。

 米経済は金融危機のさなかに発足したオバマ政権の8年間で回復し、一時10%まで悪化した失業率は4.9…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 首相、解散・総選挙「断行ちゅうちょない」 会見速報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです