心臓移植

虚偽の募金会見、女性が謝罪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省内で8日にあった、心臓病の児童が心臓移植を受けるための募金への協力を呼びかける記者会見の内容が、虚偽だったことが9日分かった。会見を開いた東京都内の女性(36)が虚偽を認めて謝罪した。会見の内容は、一部の新聞やテレビなどですでに報道されていた。

 女性は児童の親族。移植を支援する団体の代表として記者会見を開いた。児童が米国で心臓移植を受けるため、親族で5000万円を集め、あと1億5000万円足りないとし…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集