メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん治療薬

「オプジーボ」最大50%値下げ 政府方針

がん治療薬「オプジーボ」

 政府は9日、高額な薬価が問題となっているがん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)について、来年度から値下げする幅を当初方針の最大25%から大幅に拡大し、最大50%引き下げる調整に入った。政府内で下げ幅が不十分との認識が強まったためだ。今月開かれる厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)で協議し、最終的な値下げ幅を決める。

 オプジーボは2014年に一部の皮膚がんを対象に保険適用され、100ミリグラム約73万円の薬価が認め…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです