メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

’15秋/4 地道に崩した「差別の壁」 豊永恵三郎さん

韓国人原爆犠牲者慰霊碑の前に立つ豊永恵三郎さん=広島市中区の平和記念公園で2015年11月2日、山田尚弘撮影

<千の証言に寄せて documentary report 192>

 在韓被爆者を支援して44年になる豊永恵三郎さん(79)=広島市安芸区=にとって、被爆70年は感慨深い年になった。

 最高裁は9月8日、海外に住む被爆者約4280人への医療費全額支給に道を開く判決を出した。国内の被爆者健康手帳所持者は医療費が原則無料だが、在外被爆者は助成額に上限があり、国による医療制度の違いから自己負担額に差がある。「国内外の被爆者に同等の援護を」と求めた運動の結実だった。

 広島への帰途、判決を待たずに逝った原告たちの顔が思い浮かんだ。「当然のことが認められたうれしさと、…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1130文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです