メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

’15秋/2 川野浩一さん 9条守る、これからも

長崎に原爆が投下された日にちなんだ毎月9日の「反核」座り込みに参加する川野浩一さん=長崎市で2015年11月9日、津村豊和撮影

<千の証言に寄せて documentary report 190>

 晩秋の9日昼、長崎市の平和祈念像前に市民が集まった。長崎に原爆が落とされた8月9日にちなみ、毎月9日に核廃絶を訴えて座り込みをする。その輪の中に、原水爆禁止日本国民会議議長の川野浩一さん(75)の姿が見られた。

 「(安全保障関連法の)反対運動は持続させていきましょう。もっと声を上げていかないといけません」。マイクを握り、訴えた川野さんの表情は厳しい。安保関連法が成立して2カ月もたたないうちに、世間の話題や関心が政府の経済対策などに移り、焦りに似た思いが募っていた。

 被爆時は5歳。爆心地から3・1キロの長崎市の自宅近くの路上にいて、上空を飛ぶ米軍のB29爆撃機をふ…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1077文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです