メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Listening

<米大統領選>トランプ氏勝利 拡散する大衆迎合

[PR]

 【ローマ福島良典】8日の米大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)が国民の不満を吸収して勝利し、エリート主義に対抗するポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭が浮き彫りになった。経済と社会のグローバル化に伴う貧富の格差や移民流入への反発は欧州でも強まっている。米大統領選の結果は国際政治の潮流にも影響を及ぼしそうだ。

     「人種・宗教上の偏見を拡散している」。国連人権部門トップのゼイド国連人権高等弁務官は今年9月、トランプ氏やオランダの極右政党・自由党のウィルダース党首(53)、仏極右政党・国民戦線のルペン党首(48)ら「民族主義の扇動政治家」の差別的な言動を批判した。

     欧米政治は既存の「左右」や「保革」の対立構図が色あせ、「エリート対庶民」を軸に動いている。特に欧州では経済危機に難民危機とテロが追い打ちをかけ、移民排斥を掲げる極右政党や欧州連合(EU)懐疑派が躍進している。

     米ハーバード大ケネディ行政大学院のピッパ・ノリス教授らの研究によると、欧州における右派と左派のポピュリスト政党の得票率はそれぞれ、1960年代の6・7%、2・4%から、2010年代には13・4%、12・7%へと急増。研究はポピュリスト政党の台頭を「社会の基本的な価値観と慣習を脅かすとみられる文化的変化への反発の表れ」と分析している。

     「EU残留か、離脱か」を問う6月の英国民投票では、与党・保守党の欧州懐疑派や、英国独立党のファラージ党首代行(52)ら離脱派が勝利した。10月のハンガリー国民投票は低投票率のために不成立だったが、EUの難民割り当てへの反対が98%に達し、反対派のオルバン首相(53)が「勝利」を宣言した。

     トランプ氏と似通った実業家上がりのベルルスコーニ元首相(80)を生んだイタリアでは12月4日の国民投票に向け、既成政党批判を繰り広げる新興政治団体「五つ星運動」らの反対陣営が勢いを増している。

     同じ日のやり直しオーストリア大統領選では、中東などからの難民流入の制限を主張する極右政党・自由党のホーファー候補(45)が有利な戦いを進めている。

     欧州は来年、「選挙の年」だ。4~5月の仏大統領選では「合法、非合法を問わず移民の流入を止めるのが私の目標だ」と宣言するルペン氏が決選投票に進む公算が大きい。来秋に総選挙を控えるドイツでも、難民受け入れに反対するペトリ共同党首(41)らの新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が勢力を伸ばしている。

     ローマ社会科学国際自由大学(LUISS)のセバスティアーノ・マフェットーネ教授(政治哲学)は「今、世界的なトランプ現象が起きている。移民への反感が共通要素で、欧州の指導者は多文化主義にブレーキをかけようとしている。トランプ氏勝利の影響は世界中に波及し、(1)経済(2)政治(3)民主主義--の危機を招くだろう」と指摘している。

    メキシコ、摩擦の不安/露、改善を期待

     国際社会では、ドナルド・トランプ氏の衝撃的な勝利に不安と期待が交錯する。隣国メキシコは不法移民を巡る摩擦が予測され、同盟国は協力関係への不安ものぞかせる。ロシアなど政権交代をきっかけに関係改善に意欲を見せる国もある。

     トランプ氏は公約で、不法移民の越境防止用にメキシコ政府の負担で国境に壁を造らせると宣言している。当選確実が報じられ、通貨ペソは対ドル相場で10%以上急落。ペニャニエト大統領は「トランプ氏と働く用意がある」と述べた。

     昨年7月に米欧など6カ国と核合意を結んだイランのロウハニ大統領は「国連安全保障理事会決議として承認されており、一国の政府が変えられるものではない」と、トランプ氏をけん制した。

     ロシアのプーチン大統領はクレムリン(露大統領府)で演説し、「トランプ氏は、選挙戦で米露関係の改善を訴えていた。我々は両国関係を堅固な発展(の方向)に戻すため、あらゆる手段を取る用意がある」と述べた。

     オバマ大統領との関係がぎくしゃくするフィリピンのドゥテルテ大統領は「フィリピンは両国の絆をさらに強めるため、一緒に仕事をするのを楽しみにしている」と呼びかけた。

     中国の習近平国家主席はトランプ氏に祝電を送り、「中米両国は世界の平和、安定、発展に特殊で重要な責任があり、安定した中米関係は国際社会の普遍的な期待だ」と述べ、オバマ政権時代の米中関係の継続を呼びかけた。

     韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は国家安全保障会議(NSC)で「米次期政権とも同盟関係を強固に発展させ、北朝鮮の核問題のための強い制裁・圧迫基調を揺るぎなく持続できるように最善の努力をせよ」と指示した。

     北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は記者会見で「強いNATOは欧州にとっても米国にとっても重要だ」と述べ、米国に従来通りの貢献を求めた。

    トランプ氏妻が育った町歓喜

     【ウィーン三木幸治】トランプ氏の妻で、ファーストレディーとなるメラニア・トランプさん(46)が育った町、東欧スロベニアのセブニツァでは、トランプ氏勝利のニュースに地元住民から歓喜の声が上がった。地元メディアが伝えた。

     幼少時代からの友人であるミルヤナさんは、大統領選でメラニアさんがネガティブキャンペーンにさらされたことについて「(彼女にとって)好ましくない報道が多かったが、私の知っている彼女ではない」と話した。

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

    2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

    3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

    4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

    5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです