メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

この世界の片隅に 戦争に勝る日常生活

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 原爆や戦争をテーマに漫画を創作し続ける、こうの史代の代表作を、クリエーターとして豊富なキャリアを持つ片渕須直監督が長編アニメ化した。

 広島で育ったすず(声・のん)は、呉に住む北條周作(声・細谷佳正)に見初められ、北條家に嫁入りする。優しい周作の両親、周作の姉できつい性格の径子(声・尾身美詞)とその娘晴美(声・稲葉菜月)らに囲まれての新生活にも戦争が忍び寄る。軍港の街に襲来する米軍機、連日連夜の空襲警報。そして、1945年8月6日、すずたちは広島の空に舞い上がるきのこ雲を見る……。

 同作の肝は、主人公をあえて広島から離し、隣接する呉から原爆を見つめる形にしたこと。それによって、戦…

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1337文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです