メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
発明チャレンジ

特許申請、プロが指導 長野工高 /長野

山崎幸作弁理士(左から3人目)から指導を受ける生徒たち=長野市の長野工業高校で

 長野市差出南3の長野工業高校機械科で10日、「発明チャレンジ」と題したワークショップがあった。特許・商標・著作権の登録申請などを行う、東京都の磯野国際特許商標事務所の統括本部長、山崎幸作弁理士(52)ら2人が生徒36人を指導した。

 山崎弁理士は、子供の発明への思いを応援しようと「こども発明プロジェクト」をスタートさせ、無料で…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです