メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東松島 ノリ漁師

’16秋/中 宮城・東松島 ノリ漁師 楽しむこと、忘れてた

ノリの摘み取りで沖に出た相沢裕太さん。「先輩にもちゅうちょなく意見できるようになった」=宮城県の石巻湾で、竹内良和撮影

軌道に乗り思う、仲間への感謝

 垂れこめた雲の切れ間からやっと、お日様がのぞいた。「冗談言い合って、楽しくやるのが一番です」。相沢裕太さん(29)は、宮城県の石巻湾で漁船に網を引きあげ、仲間たちとノリを摘み取った。

 東日本大震災の津波で壊滅したノリ養殖を再開してから、5度目のシーズンになる。春までの昨シーズンは、かつてない豊漁に他産地の不漁が重なり、水揚げ額は震災直前の倍にもなった。ノリ養殖への国の復興支援が終わった昨年の夏、津波で失った自宅を再建。そのローンがあるだけに正直、ほっとした。

 一方で、震災の年に父が作った黒々とツヤ光りするノリが目に浮かぶ。乾燥機から出てくる板ノリを笑顔で見…

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1382文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  2. なりきり土方歳三コンテスト 「五稜郭祭」山本耕史さんも審査
  3. 箱根山、噴火警戒レベル2に引き上げ 気象庁
  4. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  5. ORICON NEWS 「上司が犬なんです」管理職“ワンコ”に癒される人続出…花に埋もれ“何もしない”激務こなす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです