メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け
野球

日本代表強化試合 メキシコ7-3日本 侍J、不安募る敗戦

 ▽東京ドーム(メキシコ1勝)

メキシコ 000112003=7

日本   100010010=3

 <勝>マーティン

 <敗>千賀

 野球の日本代表「侍ジャパン」が10日、東京ドームで来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた強化試合を行い、昨秋の国際大会「プレミア12」で4位だったメキシコに3-7で敗れた。

 日本は1点を追う五回に筒香(DeNA)の中越え適時二塁打で追いついたが、六回に失策絡みで2失点し、九回も集中打で3点を奪われた。打線は多くの四球を選びながら適時打は1本と低調。投手陣も10安打を許し制球にも課題を残した。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです