停職中のFB投稿

元女性公務員の懲戒免職取り消し 岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

池田町元主事 裁決文「町の信用傷つける行為と評価できず」

 停職期間中に不適切な内容をフェイスブックに投稿したことが地方公務員法違反(信用失墜行為の禁止)に当たるとして懲戒免職となった岐阜県池田町の元女性主事(31)について、揖斐広域連合公平委員会は免職処分を取り消す裁決を出した。裁決は7日付。裁決により女性の身分は職員に戻った。

 町によると、主事は勤務時間外に名古屋市で接客の仕事に従事し、約300万円の報酬を得たとして昨年11月、停職6カ月の懲戒処分を受けた。停職期間中に旅行し、食べたカニの写真などを自身のフェイスブックに投稿。住民から「停職中なのに不謹慎」との批判があり、町は5月、「反省すべき停職期間中に町の信頼を損なう行為」などとして主事を懲戒免職にした。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文645文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集