メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

中年男性が地下アイドルに「堕ちる」 異例の盛況

映画「堕ちる」の1シーン。主人公が地下アイドル「めめたん」に耳打ちされる=(C)kazuya murayama

 寡黙な織物職人が、アイドルにはまっていく過程を描いた短編映画「堕(お)ちる」が、「見たいのに上映の機会が少なくてチケットが取れない」と話題を集めている。9月に映画の舞台、群馬県桐生市であった「きりゅう映画祭」で初上映されると、評判がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで拡散。東京都渋谷区のイベントスペースで開催された3回の上映会はすべて満席だった。これが本格的な映画監督デビュー作で脚本も手がけた村山和也監督(34)は「大きな反響に驚いている。この作品が長編映画などを監督するきっかけになれば」と期待を込める。【大村健一/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  4. トイレットペーパーで性教育 漫画や絵で「正しい知識を」
  5. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです