メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池都知事

「混合介護」を都内で解禁、国に働きかけへ

「介護保険対象」と「保険外」サービスの同時提供

 東京都の小池百合子知事は10日、介護保険対象のサービスと保険外の家事など自己負担のサービスを同時に提供する「混合介護」を都内で解禁するよう国に働きかけると発表した。混合介護は現行制度では認められていないため、地域限定で規制を緩和する国家戦略特区を活用する。

 特区での取り組みを国と議論する区域会議で早ければ今月中に提案し、国が必要な法改正を検討する。解禁されれば、同居家族分の炊事や窓ふきなどの家事サービスを提供したり、利用者が有料でヘルパーを指名できたりする可能性が広がる。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. ベトナムで3カ月ぶり市中感染 隔離中の客室乗務員と接触した男性 現地報道

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです