大阪・落雷死訴訟

大阪高裁も両親敗訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

「主催者側に保護義務はなかった」1審判決を支持

 大阪市東住吉区の長居公園で2012年8月、野外ライブ会場に向かう途中の落雷事故で亡くなった北九州市の女性の両親が、ライブを主催した2社に計約8100万円の賠償を求めた訴訟で、大阪高裁は10日、両親の控訴を棄却する判決を言い渡した。池田光宏裁判長は、主催者側に保護義務はなかったとした1審・大阪地裁判決を支持した…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

ニュース特集