メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・落雷死訴訟

大阪高裁も両親敗訴

「主催者側に保護義務はなかった」1審判決を支持

 大阪市東住吉区の長居公園で2012年8月、野外ライブ会場に向かう途中の落雷事故で亡くなった北九州市の女性の両親が、ライブを主催した2社に計約8100万円の賠償を求めた訴訟で、大阪高裁は10日、両親の控訴を棄却する判決を言い渡した。池田光宏裁判長は、主催者側に保護義務はなかったとした1審・大阪地裁判決を支持した…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  2. NTT東日本がコールド勝ちで8強進出 ヤマハは前田ソロで一矢 都市対抗

  3. 東京オリンピックチケットの払い戻し締め切り 返金、12月下旬以降に

  4. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  5. 旧優生保護法は「違憲」 原告側の賠償請求は棄却 大阪地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです