メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

’14秋 千の証言によせて/6止 張本勲さん 「姉さんが帰ってきた」

原爆で亡くなった長姉点子さんが写った集合写真のコピーを見つめる張本勲さん=東京都大田区で2014年11月3日、徳野仁子撮影

<千の証言に寄せて documentary report 176>

 校舎を背に児童49人が納まった国民学校初等科の卒業写真がある。その右端にいる背の高い女児を認めると、プロ野球評論家の張本勲さん(74)は虫眼鏡を握る手を震わせた。「姉さんだ」。原爆で奪われた長姉点子(てんこ)さんだった。張本さんが写真を1枚も持っていないことを知った点子さんの同級生から今夏届けられた。「姉さんが帰ってきた」。胸が熱くなるのを、張本さんは抑えられなかった。

 「色白で優しく、自慢の姉だった」。自宅近くの川で一緒にシジミを捕り、土手に咲くレンゲ草で冠を編んでもらった。「いい姉ちゃんじゃのう」と言われるのが誇らしかった。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです