連載

ヒバクシャ

核被害の悲惨さを訴え続ける被爆者の声に耳を傾け、平和と核廃絶を求める思いを伝えます。

連載一覧

ヒバクシャ

’14秋 千の証言によせて/6止 張本勲さん 「姉さんが帰ってきた」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
原爆で亡くなった長姉点子さんが写った集合写真のコピーを見つめる張本勲さん=東京都大田区で2014年11月3日、徳野仁子撮影
原爆で亡くなった長姉点子さんが写った集合写真のコピーを見つめる張本勲さん=東京都大田区で2014年11月3日、徳野仁子撮影

<千の証言に寄せて documentary report 176>

 校舎を背に児童49人が納まった国民学校初等科の卒業写真がある。その右端にいる背の高い女児を認めると、プロ野球評論家の張本勲さん(74)は虫眼鏡を握る手を震わせた。「姉さんだ」。原爆で奪われた長姉点子(てんこ)さんだった。張本さんが写真を1枚も持っていないことを知った点子さんの同級生から今夏届けられた。「姉さんが帰ってきた」。胸が熱くなるのを、張本さんは抑えられなかった。

 「色白で優しく、自慢の姉だった」。自宅近くの川で一緒にシジミを捕り、土手に咲くレンゲ草で冠を編んでもらった。「いい姉ちゃんじゃのう」と言われるのが誇らしかった。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1115文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集